血流改善に良い運動、ストレッチ、マッサージなど

血流改善というとサプリメントや薬などから入ろうと考える人が多いかもしれませんが、そもそも日常の生活強度が低いこと自体が血流悪化のリスクですので、しっかりと全身に血流が送られるような全身運動を定期的に行うところから始めることをおすすめします。全身運動といってもウォーキング程度でよく、また電車で通勤している方は帰りだけ一駅分歩くなどでも十分な効果が期待できます。

 

歩くというのは血流に対して非常にポジティブな効果を持つ運動です。歩くときに稼働する、太ももの前面に位置する大腿四頭筋は人間の体の中で最大の大きさを持つ筋肉であり、これを稼働させ続ける歩行や走行という運動は血流を大きく促進しますし、カロリーの消費量も他の運動と比べて多いのです。運動を普段からあまりしない人はまずはウォーキングから、その後段階を踏んで軽いジョギングまでできるようになると血流改善のみならず様々な健康効果が期待できます。

 

ストレッチやマッサージは特に局地的な血流障害を改善する効果が期待できます。足のしびれや冷え性が気になる人は足首を回したり伸ばしたりする動的ストレッチや、太ももなと大きめの筋肉を念入りにマッサージすることで大きな改善が見込めます。ストレッチを行う場合は筋を伸ばした状態で静止させる静的(スタティック)ストレッチではなく、伸縮を繰り返したり回転させて動かすような動的(ダイナミック)ストレッチを行うようにしましょう。