血流改善に良い薬

 

血流障害が高度になってしまったりある健康リスクから急激に血流障害が引き起こされているなど、速やかに血流を改善したい場合は医薬品を利用することになります。

 

参考:ネット通販可!血流改善の医薬品

 

食事漢方薬による血流改善は血流に関わる様々な機能を向上させることにより、全体的に緩やかな改善をもたらすことで血流量を根本的に改善させようというアプローチになります。

 

ただ医薬品では血流障害を引き起こしている原因をピンポイントで治療するというアプローチになります。具体的には血中の過剰な脂質や過剰な凝固性を対処するような作用機序となっています。

 

トコフェロールニコチン酸

 

まず最も基本的な血流改善のための薬として、トコフェロールニコチン酸があります。ユベラNの商品名で知られるこの薬はその名の通りトコフェロール(ビタミンE)とニコチン酸が結合している成分が主成分です。

 

脂質の代謝・排出に関わるビタミンEと、脂質をエネルギーとして燃やす際に必要な酵素を活性化させるニコチン酸(ナイアシン)の両方の働きが期待でき、血中の脂質を効率的に処理することができます。

 

ワルファリン

 

また、血の塊である血栓ができることで血流障害が起きている場合は、抗凝固薬や抗血栓薬などが用いられます。最も有名なのはワルファリンですね。

 

血栓の形成を予防するには非常に効果的ですが、副作用として逆に必要な血液凝固性まで阻害され出血が止まりにくくなったりすることもあるため、使用上の注意をしっかり守って服用する必要があります。

 

ネット通販可能な血流を良くする薬はこれ

天然ビタミンE製剤のトコフェロンEナチュールになります。植物油から抽出した天然ビタミンE(d-a-トコフェロール)は、体内への吸収力&活性力のパワーが大きく、より高い効果が得られます。

 

そんな天然ビタミンEを1日分に300mg含有しています。血管の酸化防止・血行不良など末梢血行障害に効果を発揮します。