血流検査は何科?

 

血流障害が疑われる場合、それを確実に診断確定するには血流検査が必要です。そして血流検査を行うのは循環器内科ですが、そもそも医師から見たら血流障害とは関係ないと判断されることもありますし、血流検査を行う必要がないケースもありますので、症状に応じた科へ受診するといいでしょう。

 

重症が予想される場合のみ

 

血流検査が必要ならば循環器内科へ誘導されますし、最初から循環器内科へ行き血流検査をしてほしいといっても医師が必要性を感じなければ行ってもらえません。

 

血流障害は高度になると壊死など取り返しのつかない状態を招くため、症状が高度であることを疑わせる要素がある場合に血流検査が行われます

 

通常は検査せずに経過観察

 

しかしほとんどの場合は手足のしびれや冷えなど、血流障害としてはごく初期や無症状と見なせる範囲であるため、検査は行わず改善のための手法や場合によっては軽い薬を出された上で、しばらく状態の経過を見る形になるのが一般的です。

 

検査方法、費用は?

 

血流検査は方式や検査の部位によって様々な種類があり、かかる費用も検査の種類によって全く違います。たとえば、ドップラー血流検査はごく簡単な検査法で体に負担もかけず、治療費も数十円〜数百円と非常に安価です。

 

しかし全身の血流を検査したり、脳血流を詳しく検査したりする大がかりな検査では、3割負担でも数千円から1万円以上の費用がかかります。費用面でもきちんと説明を受けた上で検査を行ってもらうようにするといいでしょう。